タイのSECが初めてICOポータルを承認、今後はSTOに関する基準を発表予定

タイのSECが初めてICOポータルを承認、今後はSTOに関する基準を発表予定

2019年3月12日、タイ証券監督当局(SEC)がタイ王国で始めてICO(イニシャル・コイン・オファリング)のポータルを承認し、今後STO(セキュリティ・トークン・オファリング)に関する基準を発表する意向を示した、とタイの新聞バンコクポストが報じた。

記事によれば、タイSECの理事会は外国企業が運営するICOポータルに対して、スクリーニング、スマートコントラクトのコード監査、顧客確認、本人確認手続きの実行を承認したとしている。

また、SECのフィンテック部門の責任者は「タイで初めて承認されたICOポータルは商務省などの関連政府機関からも正式に承認されており、近いうちに国王令の下で公募される予定である」とも述べ、「ICOマーケットは無形なプロジェクトベースのアイデアから有形資産に裏打ちされたICOまであり成熟してきており、将来的に企業が有価証券およびその他の資産をトークン化できるようにする基準を策定する予定である」と明らかにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。