仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)がタイ大手企業と契約、タイ国内で新たな仮想通貨取引所サービスを提供予定か

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)がタイ大手企業と契約、タイ国内で新たな仮想通貨取引所サービスを提供予定か

2022年1月18日、仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)はタイのIT関連企業「Gulf Innova Company」と契約を締結し、今後タイ国内で仮想通貨取引所サービスを行う可能性がある、と複数のメディアで報じられました。

「Gulf Innova Company」はタイの億万長者の一人であるSarath Ratanavadi(サラートラタナヴァディ)氏が最高経営責任者(CEO)を務める独立系のエネルギー企業「Gulf Energy Development Public Company」の完全子会社で、17日に今回の締結をタイの証券取引委員会(SEC)に報告したことで明らかになった。

これにより「Gulf Innova Company」は今後タイ国内での仮想通貨取引所および関連事業の展開が行われていくことが分かった。

ブルームバーグによれば、「Gulf Energy」はタイのデジタル経済インフラが今後数年間で急速な成長を遂げるであろうという前提に基き、世界最大の仮想通貨取引所の一つであるBINANCEを選んで契約を結んだとのこと。

また、ロイターによればBINANCEは「私たちの目標は、政府、規制当局、革新的な企業と協力して、タイ国内における仮想通貨とブロックチェーンのエコシステムを開発することである」と述べているとのこと。

過去にタイ証券取引委員会はBINANCEに対して「2021年4月からの警告(タイ国内のライセンス無しでデジタル資産ビジネスを運営している)を無視し、注文のマッチングや取引相手の手配、システムを提供することで、タイ国民の仮想通貨取引へのアクセスを不当におこなっている」と述べており、2021年7月にはタイ証券取引委員会が刑事告訴しています。

そのため今回はタイ企業とのパートナーシップにより、BINANCEがタイに仮想通貨やブロックチェーンのシステムを構築することを探りながら展開していくようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。