米国最大の仮想通貨取引所CoinbaseProがOmiseGOの取扱いを開始

米国最大の仮想通貨取引所CoinbaseProがOmiseGOの取扱いを開始

2020年5月15日、米国最大の仮想通貨取引所を扱うCoinbase(コインベース)社は、同社の提供する個人トレーダー向けプラットフォームであるCoinbasePro(コインベースプロ)にて仮想通貨OmiseGO(OMG)の新規取り扱いを開始したと発表しました。

5月18日よりアカウントへのOmiseGO(OMG)の送金が可能になり、翌日から取引が開始できる予定です。

対応する通貨ペアは、最初の段階ではOMG/USDとOMG/BTCの2種類となっており、流動性が確認され次第にOMG/EURやOMG/GBPなどのペアを追加していくそうです。

ただし、規制レベルの高いニューヨーク州のユーザーは対象地域から外れるとのこと。

OmiseGO(OMG)は、タイ王国に拠点があるSYNQA(旧Omiseホールディングス)が手がけるイーサリアム向けの分散型スケーリング・ソリューション・ネットワークで、銀行や金融機関向けの取引提供する為に作った会社です。

2017年8月にはイニシャル・コイン・オファリング(ICO)で2500万ドルを調達しており、最近では海外送金の決済システムの開発で大きく成長しています。

今回のCoinbase(コインベース)社の発表を受け、OmiseGO(OMG)は急騰し24時間で26%超も上昇しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。