タイ・クルンタイ銀行とミャンマー・シュエ銀行の間で国際送金システムを導入すると発表

タイ・クルンタイ銀行とミャンマー・シュエ銀行の間で国際送金システムを導入すると発表

2019年4月5日、タイ・クルンタイ銀行(KTB、Krung Thai Bank)及びミャンマー・シュエ銀行(Shwe Urban & Rural Development Bank)の2つの銀行における国際送金システムを導入すると、ブロックチェーン開発企業Everex(EVX、エバレックス)がプレスリリースで発表した。

このシステムは、タイとミャンマー間における仮想通貨Ethereum(ETH、イーサリアム)基盤の国際送金システムで、ユーザーはスマートフォンを利用して、いつでも送金できるようになると述べている。

現在タイでは300万人以上のミャンマー出身労働者が働いており、収入の一部をミャンマーに毎月送金している。

クルンタイ銀行総裁のウィーラタイ・サンティプラポップ氏は「今まではセキュリティで保護されていなかった手段を利用していた可能性がある。このプロジェクトはタイの300万人以上の労働者にとって朗報だ。」と述べている。

また、シュエ銀行総裁のウー・チョ・チョ・マウン氏は「両国は共通の文化と伝統を共有している。国際送金サービスにより、両国の経済活動はスピーディーで安全なものになるだろう。」と述べている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。