GMOインターネットがタイで仮想通貨取引所「Z.com EX」を運営開始

GMOインターネットがタイで仮想通貨取引所「Z.com EX」を運営開始

2021年2月22日、日本のGMOインターネット株式会社は連結会社であるタイの現地法人「GMO-Z.com Cryptonomics (Thailand) Co., Ltd.」が仮想通貨取引所「Z.com EX」(URL:https://ex.z.com)の運営を開始したと発表しました。

「Z.com EX」はタイ証券取引委員会とタイ財務省から認可を受けた正式な仮想通貨取引所であり、現在の取引可能な銘柄としては以下の6種類が発表されています。

  • ビットコイン(Bitcoin/BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
  • イーサリアム(Ethereum/ETH)
  • ライトコイン(Litecoin/LTC)
  • エックスアールピー(XRP/XRP)
  • ステラ(Stellar/XLM)

「Z.com EX」は「WEBサイト」と「モバイルアプリ(iOS/Android)」による取引が可能であり、モバイルアプリのサービス提供については2021年3月下旬から開始される予定だと報告されています。

現在GMOインターネットは海外での仮想通貨事業を積極的に進めており、今回のタイ進出の背景としては、タイは仮想通貨やデジタルトークンが暗号資産として法律で定義されていることや、タイ中銀が中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実証実験に積極的であることなどを挙げています。

タイでは2021年1月には国内暗号資産取引量が月間3300億円を超えて活発化してきているため、同国の仮想通貨事業は今後も成長していくと期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。