タイ中央銀行がIBMのブロックチェーンで世界初の国債発行プラットフォームを開始

タイ中央銀行がIBMのブロックチェーンで世界初の国債発行プラットフォームを開始

2020年10月5日、IBMが「タイ中央銀行がIBMのブロックチェーン技術を利用して世界初のブロックチェーンベースの貯蓄国債発行プラットフォームを開始した」と発表しました。

IBMによると、既に運用開始から2週間が経過しており、これまでに16億ドル以上の貯蓄債を販売しているそうで、IBMはタイ中央銀行とともに公債管理局、タイ証券預託社、タイ債券市場協会、タイの4つの銀行を含む7機関と協力しているとのことです。

今回のようにブロックチェーンを使うことによって、従来の15日間掛かる債券の発行がわずか2日間に短縮し、プロセスの効率化によって債券発行に関わる書類の運用コストや発行コストなども削減されたとのこと。

ここまでの運用結果を踏まえて、タイ中央銀行は近日中に個人投資家やホールセール投資家向けの全ての国債にブロックチェーン技術の利用を拡大すると予測されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。