タイ証券取引委員会(SEC)が仮想通貨取引所に対して特定のトークンの取扱いを禁止

タイ証券取引委員会(SEC)が仮想通貨取引所に対して特定のトークンの取扱いを禁止

2021年6月11日、タイの証券取引委員会(SEC)のルンワディー・スワンモンコン事務局長が、タイ国内にある仮想通貨取引所に関する新しいガイドラインを承認したと発表した。

このガイドラインは「デジタル資産事業を実施するための規則・条件・手続き」に関する通知で、4種類のトークンである、ミームベースのトークン、ファンベースのトークン、ノンファンジブルトークン(NFT)、及び取引所が発行するトークンを扱うことを禁止する内容です。

タイ証券取引委員会は、仮想通貨取引所が発行するあらゆるトークンは全ての仮想通貨がそれぞれのホワイトペーパーで説明されている内容と正確に一致しており、かつデジタル資産に対してあらゆる既存ガイドラインに従わなくてはならないと述べています。

もし上記の条件を満たせない場合はトークンの上場を廃止する必要があるが、今後は新たなガイドラインに準拠するため30日の猶予が与えられるとのことです。

今回のガイドライン変更により、近年大幅に値上がりしているミームベースの仮想通貨ドッジコイン(DOGE)や、タイの仮想通貨取引所のネイティブトークンであるビットカブコイン(KUB)などのトークンに影響があるだろうと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。