タイ証券取引所(SET)が2020年にデジタル資産プラットフォームを開設予定と発表

タイ証券取引所(SET)が2020年にデジタル資産プラットフォームを開設予定と発表

2019年3月13日、タイ証券取引所(SET)は2020年にデジタル資産プラットフォームを開設する予定とプレスリリースで発表しました。

これは2019年~2021年までの3年間に及ぶ計画の一環として位置付けられており、タイ証券取引所はタイのキャピタルマーケットは2つの分野においてデジタル時代への転換を経験することになるだろうと述べています。

1つはペーパーレス業務を提供するためのキャピタルマーケットのデジタル化で、2つ目は投資環境を整備するためのデジタル資産システム構築としています。

タイ証券取引所所長のパコーン・ピータタワチャイ氏は「タイ証券取引所は既に新たなデジタル資産システムの構築を始める準備は整えてある」と述べており、「タイのキャピタルマーケットを次世代レベルに引き上げる転機となるだろう」と付け加えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。