タイの中央銀行がデジタル通貨の分散型金融(DeFi)を検討中

タイの中央銀行がデジタル通貨の分散型金融(DeFi)を検討中

2020年8月13日、タイ中央銀行によるデジタル通貨(CBDC)プロジェクト「インタノン(Inthanon)」のシニア開発者であるビジャック・セタプート氏が、「タイ中央銀行は国のデジタル通貨(デジタルバーツ)へのスマートコントラクトと分散型金融(DeFi)の準備を検討する可能性がある」とポッドキャストの中で語った。

このポッドキャストはセタプート氏の他にニューヨークのブロックチェーン企業サイファリウム(Cypherium)のスカイ・グオ氏、公的通貨金融機関フォーラム(OMFIF)のコマーシャルディレクターであるクリス・オストロウスキー氏が参加しており、今後のグローバルなCBDCの実装と相互運用性について議論していた。

セタプート氏は「タイ中央銀行はDeFi業界の最近の動向を追跡している」と述べた上で、「タイのデジタル通貨に新しいテクノロジーを採用する前にタイ中央銀行は顧客の識別とプライバシーという2つの主要な課題を解決する必要がある」とも述べています。

また、スマートコントラクトの展開は「インタノン(Inthanon)」プロジェクトの次のフェーズで主要な焦点であるとも述べました。

タイのデジタルバーツのプロジェクト「インタノン(Inthanon)」は2018年8月からスタートしたプロジェクトで、米フィンテック企業R3の分散型台帳技術コルダを基盤にしているといわれており、7月の報道ではタイ中央銀行の副総裁であるバチラ・アロムディー氏が「タイ銀行は既にいくつかの大企業との金融取引のためにそのCBDCを既に展開しており、デジタルバーツ開発の第3段階ではより多くの事業を計画している」と語っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。