タイ大手カシコン銀行がクロスボーダー決済システムVISA-B2Bコネクトプログラムに加入

タイ大手カシコン銀行がクロスボーダー決済システムVISA-B2Bコネクトプログラムに加入

2018年09月24日、「タイ第4位の銀行であるカシコン銀行(Kasikorn Bank)がクロスボーダー決済(国際決済)向けのブロックチェーンベースであるVISA-B2Bコネクトプログラムに加入した」と地元紙のザ・ネーションが報じた。

カシコン銀行は直訳するとタイ農民銀行(Thai Farmers Bank)の意味があり、現在はバンコクに本社を置いている。ムーディーズの調査によると、カシコン銀行は2018年3月時点の総資産が960億ドルに達している。

カシコン銀行の上級副社長であるSiriporn Wongtriphop(シリポン・ウォントリポップ)氏によると、国際決済のためにブロックチェーンを使用すれば支払いがスピーディーになりセキュリティも強化できるため、業界の流動性が促進されるとの見解を示した。

このまま実用されれば、カシコン銀行はタイにおいてこのブロックチェーン技術を使用する最初の銀行となり、今後もタイの各銀行におけるブロックチェーンの普及が期待されるようになります。

また、VISAのタイ王国マネージャーであるSuripong Tantiyanon(スリポン・タンティヤノン)氏は、VISA-B2Bがカシコン銀行の「セキュリティ、ガバナンス、および分散型台帳技術」の開発をサポートすると述べています。

VISAのウェブサイトによると、B2Bコネクトは、企業間のクロスボーダー決済を処理するために2017年にが開始されており、米国の商業銀行、シンガポールのユナイテッド・オーバーシーズ銀行、韓国の新韓銀行、フィリピンのユニオン銀行が、既にブロックチェーンのアーキテクチャに基づいVISAのB2B技術を介して一方から他方への直接取引を行うことができるパートナーとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。