タイ銀行総裁がデジタル通貨への置き換え期間やテスト内容について言及

タイ銀行総裁が「現金からデジタル通貨への置き換えには3~5年かかるが、金融機関の間で使用するデジタル通貨については現在テスト中」と発言

2018年11月17日、タイ銀行総裁が今後のデジタル通貨についての考えをタイの国営公共放送局の子会社であるThai News Agency(TNA)で伝えた。

タイの中央銀行であるタイ銀行のウィーラタイ・サンティプラポップ(Veerathai Santiprabhob)総裁は、各国が現金の使用からデジタル通貨の使用に切り替えるまでには今後3~5年かかるだろうと述べ、時間が掛かる理由としては「複雑な要因があるが、国民の準備状況や技術の効率性に問題がある」と挙げ、直ちにデジタル通貨が法定通貨に置き換わることはないと述べた。

また、タイ銀行は中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)をまだ導入していないものの、「金融機関の間で使用するデジタル通貨については現在テスト中である」とし、「2019年第1四半期には実際に使われることになるであろう」と述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。