タイ在住者が語る!タイ発の仮想通貨「OmiseGo(OMG)」とは

OmiseGo アルトコイン 草コイン 仮想通貨 暗号通貨 タイ 日本人
2019年9月5日追記

タイにはいくつもの仮想通貨取引所がありますが、2019年9月現在でタイ証券取引委員会(SEC)から正式に認可を受けている仮想通貨取引所は「Bx.in.th」「Bitcub」「Satang.Pro」の3つだけです。

しかし、タイ最大の仮想通貨取引所である「Bx.in.th」は閉鎖が発表されました。
タイ王国で最大の仮想通貨取引所「Bx.in.th(BX Thailand)」が閉鎖を発表

残りの「Bitcub」「Satang.Pro」のうち、「OmiseGo(OMG)」を取り扱っているのは「Bitcub」だけです。

もし「OmiseGo(OMG)」の購入を検討しているのであれば、「Bitcub」で購入することをおすすめいたします。

「Bitcub(ビットカブ)」の口座開設登録方法

仮想通貨取引を始めると、どんな銘柄にしようか色々と悩みます。

私もタイの「Bx thailand(Bx.in.th)」でいろいろなコインを眺めていたら、、、

管理人
OmiseGO??お店ゴー??

日本語っぽいけど、この仮想通貨は何だろう?と思い、いろいろと調べてみました。

するとタイ発で日本人が作った仮想通貨とわかり、今ではすっかりOmiseGOにハマってしまいました。

このページでは、OmiseGoの基本情報から今後の将来性まで、タイ在住者の視点も入れながら解説してみました。

OmiseGo(OMG)の基本情報

OmiseGoは東南アジアで展開されるオンラインシステム「Omise」で使う事ができます。発行目的は、東南アジア全域で迅速で低価格な決済を可能にするイーサリアムベースの暗号通貨の開発です。

イーサリアム開発者のヴィタリック氏もアドバイザーとして参加していることで、話題性も期待性も高い暗号通貨となっています。

Omise Holdings Pte., Ltd.は2013年創業した会社で、既にタイ、日本、シンガポール、そしてインドネシアに拠点を持つ決済会社です。

創業者は日本人の長谷川潤氏で、日本と東南アジアの決済分野において効率良く簡単に決済出来るサービスの開発を目標として取り組んできました。

特にOmiseの開発については、日本企業のSBIホールディングス、三井住友グループなどの大手企業からも出資を受けており、今後期待されているということがうかがえます。

  • 通貨名称:OmiseGo
  • 通貨単位:OMG
  • 取引開始日:2017年6月23日
  • 承認アリゴリズム:Poof of Stake
  • 発行上限:140,245,398OMG

OmiseGo(OMG)の特徴とは

OmiseGoは独自の決済システムを使うことによりモバイル端末同士で送金でき、銀行口座やクレジットカードを持たなくても店舗でOmiseGoを通貨として支払いに使う事ができます。

日本では銀行口座を持っているのが当たり前で、クレジットカードを持っているのも普通のことですが、東南アジアではまだまだ当たり前のことではありません。

しかし、銀行口座やクレジットカードはなくてもスマホは持っている人がほとんどで、スマホにアプリを入れれば銀行口座やクレジットカードがない人でも仮想通貨で簡単に決済ができるのです。

私が住んでいるタイについてはある程度発展しているので多くの人が銀行口座を持っているかと思いますが、クレジットカードについてはまだまだ普及していませんので、現金で物を買うのが当たり前です。

管理人
ところで最近、特にタイの若者はコンビニやカフェでスマホを見せてお会計していませんでしょうか?

これらの決済システムはほとんどがOmiseGoのシステムを利用しています。

金融インフラが整い過ぎた日本では仮想通貨や暗号通貨はなかなか流行りにくい傾向がありますが、アジア全域や発展途上国で考えると仮想通貨での決済の需要はとても高いのです。

OmiseGo(OMG)の現在までの流れ

OmiseGoは2017年6月に資金調達(プレセール)を終了し、7月からのエアドロップとともに本格運用が始まりました。

タイではマクドナルドとのタイアップや、金融庁でも採用された事がニュースで話題となり、仮想通貨取引所に上場してからわずか1カ月で最大約10倍の値上がりをしています。

相場はいったん落ち着きましたが、それでも2018年1月現在は上昇傾向に戻りました。

元々Omiseは東南アジア向けに展開されていますが、本拠地のタイでは大手3社のモバイルキャリアの内2社(TrueとDTAC、日本で言うならKDDIとソフトバンクにあたるポジション)がOmiseのサービスを使っているというほど普及してきました。

SBIホールディングス、三井住友グループなど大手企業からも出資を受けているという事で日本での知名度も上がっており、今後はアジア全域や太平洋領域の近隣諸国、アフリカなどの発展途上国への事業拡大を狙っています。

OmiseGo(OMG)の購入方法

OmiseGoは日本から見れば海外のアルトコインになりますので、日本の取引所では扱われていません。

そのためビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を海外の取引所に送金して購入することになります。

Binance」「Bitfinex」「Bittrex」などの海外の大手取引所には既にOmiseGoがありますが、やはりタイ在住者であれば「Bx thailand(Bx.in.th)」で取引してみましょう。

OmiseGo(OMG)のエアドロップについて

エアドロップとは、仮想通貨の初期の投資家や通貨のサポーターに対して行われるコインの無料配布の事を言います。

OmiseGoでは「より多くの方にOmiseGoの興味を持っていただきたい」との目的により、イーサリアム保持者にOMGトークンを約700万トークン分も無償配布をしていました。

OmiseGoのエアドロップは2017年7月7日時点でイーサリアムを保有していた人に対して行われ、2017年9月14日に配布完了したとのことです。

OmiseGo(OMG)の将来性について

OmiseGoがターゲットをしているのは、東南アジアに約73%いる金融機関を利用できない人たちで、大きな買い物ではなく日常的に気軽に使えるという利点を売りにしています。

まずはタイでしっかりと実績を作り、システムを安定させて東南アジアへ普及させるという目的については、ここまでは十分すぎるほどの結果を出しています。

タイ在住の私の目から見ても、スマホでの決済はもはや当たり前のような決済方法になってきました。

OmiseGOはイーサリアムとの共同発展を狙っているところがあるようですし、世界中の大手企業からの後押しもあり、法定通貨やモバイルマネーの常識にとらわれない技術を組み合わせた独自の仮想通貨として、今後さらに為替や決済における将来に影響を与えるのかもしれません。

特に東南アジア諸国だけでなく、アフリカ諸国や南アメリカなど発展途上国の広い範囲に普及させる事ができたなら、その可能性は無限大のような気がします。

現在、OmiseGoは時価総額で20位とかなり高いところにいますが、それでもまだ1OMG=3000円前後(2018年1月現在)とそこまで高値というわけではありません。

東南アジアは成長が著しい地域でもありますし、他の地域にまで拡大する可能性を考えると、将来性という点ではかなり魅力的な仮想通貨だと思います。

まとめ

タイ発の仮想通貨であるOmiseGo(OMG)についてまとめてみましたが、やはりタイで実際に利用されて普及が進んでいる状況を見ているので、さらに魅力的に見えてきました。

しかも日本人が創業者でタイで頑張っているというのも見ると、他人事とは思えずなおさら応援したくなりますよね。

私もOmiseGoは常にチェックしていて、最近では20ドル近くまで下がった時には買い増しするようにしています。10ドル以下で買った分も今までも売らずにホールドしています。

有名な企業がOmiseGoに出資をしていますので、数年後は日本でもOmiseGoで決済できる日が来るのではないでしょうか。

管理人
今後もOmiseGoの動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。